熱中症対策

工場内の熱中症対策を検討しています。空調の設定や、スポットクーラーの配置など対策中ですが、肝心の温度は壁掛の寒暖計や湿度計を巡回して記録したり、ハンディ温湿度系を持って巡回したり人手によりデータ収集しています。作業員の周辺温度は作業内容によって空調の効きが一定せず、結局作業員自身で空調を調整したり、こまめに水分と塩分補給を行うことに頼らざるを得ません。温度・湿度が高くなった時の警報や、水分補給の注意喚起などを簡単に行いたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

好きな場所にア・ト・ヅ・ケ

SensorCoreは、電池駆動で業界最小クラスのコンパクト無線センサなので、電源を入れて好きな場所に置くだけで、傾向監視をスタートできます。
しかも、温湿度センサの場合、標準周期1分で2年間の長寿命設計です。(但し、使用環境による)
人手によるデータ収集や電池交換の煩雑さが大幅に軽減できます。

見たい場所の温湿度を見える化

工場内の温湿度は、設備などの熱源等によりエリアによってバラつきが出やすいケースが多くあります。
SensorCoreの測定ポイントを多く持つことで、測りたい場所の温湿度をきめ細かに測ることが可能です。
閾値を超えたエリアは水分補給を促す警報を出すなど、環境改善につながります。

アトヅケでどこにでも設置できるから、簡単に測定ポイントを増やすことができるぞ!

工場内の気温でムラが出てしまいますが、SensorCoreで測定ポイントを多く持つことで、測りたい場所の温湿度をきめ細かに測ることが可能です。

傾向と対策

温湿度のデータを長期間採取することで、温度分布の傾向や外気温との関連が見える化できますので、空調や換気に生かすなど作業環境の改善にも役立ちます。

細かくデータがとれるから、作業環境の改善ポイントも分かりやすい!

温湿度傾向を掴み、対策を講じることは、熱中症等の防止だけでなく、不快指数などの指標と組み合わせることで、快適な環境維持に活用できます。より良い作業環境は作業員の集中力維持・事故防止だけでなく生産性向上にも繋がります。

ケーススタディ

  • ケース1 倉庫の湿温度管理を強化したいが、試すだけでもコストがかかる
  • ケース2 簡単に設備単位で電気の使用状況を把握したい
  • ケース3 加工中で触れられない製品部分の温度を測りたい